いとしのレン

アクセスカウンタ

zoom RSS S/Jリーグ終了

<<   作成日時 : 2017/02/14 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年から全国各地で開催された実業団対抗のS/Jリーグの最終戦が
12日に東京の代々木第2体育館で行われた。

JSPORTSで生放送があったのでテレビ観戦したんだけど、
リオ五輪効果なのか、観客席は満席で立ち見もあったみたい
(広島大会とは大違い
まぁ、人口も違うし、コート数も多い。
最終戦だから好カードの日本代表同士の対戦があったりで、
地方での大会とは比べ物にならないくらい規模が違う。


試合順もテレビ放送を考慮したんだろうなと思う。
その方がみんなが気になる試合を全部観れていいんだけどね




男子の優勝決定戦は昨年優勝の日本ユニシス 対 トナミ運輸。
2チームとも6勝同士だから、この対戦で勝った方が優勝。

第1ダブルスは遠藤/渡辺 対 園田/嘉村。
昨年の全日本総合決勝戦で対戦し、この時はソノカムが優勝した。

21−18、14−21、13−21でソノカムが勝利。
遠藤/渡辺ペアはリオ後に結成されたからか、
2人がシャトルを取りに行ってぶつかりそうになる場面が何度かあった。
でも、すごい接戦でお互いファインプレーが続出
とっても見応えのある試合だった


シングルスは坂井 対 西本。
16−21、10−21で西本が勝利。
これで1−1となり、勝敗は第2ダブルスで決まる。


第2ダブルスは金子/井上 対 保木/小林。
17−21、13−21で保木/小林が勝利。
保木選手の前衛でのシャトルさばきが光ってた

2−1でトナミ運輸が優勝




女子の優勝決定戦は、昨年優勝の日本ユニシス 対 再春館製薬。
こちらも6勝同士で最終戦で優勝が決まる。
しかも、勝率で決まるらしく(詳しい計算はわからない)、
日本ユニシスは3−0でないと優勝できない
1つも落とせないとなると、ユニシスの方がプレッシャーは大きいだろうな。


第1ダブルスはタカマツ 対 福島/廣田。
21−19、18−21、21−18でタカマツが勝利。
再春館製薬のダブルス選手はディフェンス力が高いからラリーが長い。
松友選手のミスショットがちょこちょこあったけど、
追い込まれてからのタカマツはやっぱり強かった


シングルスは高橋沙也加(タカマツの高橋の妹) 対 山口。
高橋選手は一昨年膝のケガで休んでいて昨年復帰。
山口選手との対戦は、私は初めて観た。
ユニシスの奥原選手はリオ後肩の負傷であまり試合に出れていない。
奥原選手が出ていたらこの対戦はなかっただろうから、
どんな展開になるのか楽しみ

26−24、20−22、21−16で高橋が勝利。
1、2ゲーム目がセッティングとなり大接戦
とっても見応えのある試合だった
高橋選手は以前、ミスショットをする度に顔をゆがめていたのが
気になってたんだけど、今回はあまり表情に出さなかった。
奥原選手にしても、やっぱりケガ後に復帰した選手って
メンタル面も強くなったように感じた。
これで2−0。
ユニシスの勝利は確定だけど、優勝するかは第2ダブルスで決まる


第2ダブルスは栗原/篠谷 対 福万/與猶。
福万/與猶ペアもディフェンス力が高いから長いラリーになりそう。
21−12、18−21、15−21で福万/與猶の勝利。
目で追えないくらいの速さのスマッシュやプッシュを返球して、
やっぱり長いラリーが多かった。
そうなったらミスした方が負ける。
ほんとに粘り勝ちって感じで素晴らしかった

1−2だけど、再春館製薬が優勝した。


10:30に試合開始で、女子決勝戦が終わったのが18:30くらい。
その間家事もあるし、レンの散歩もあるしで、
楽しいんだけど、早く終わってーと思った。
レンの散歩は結局、
女子シングルスがファイナルゲームになると決まった瞬間に大急ぎで済ませた。
レンくん


最高峰のプレーを堪能できてとってもよかった
(とはいっても自分のプレーに生かされるわけではない
若い選手もどんどん伸びてくるんだろうし、
東京五輪の頃にはどうなってるんだろ?
と想像するだけでも
希望は生観戦なんだけど、実現できるかなー?


引退する選手も発表された。(全員は不明)
その中には北京五輪で女子ダブルスのスエマエとして活躍した前田選手も。
引退後にどうされるのかはわからないけど、
バドミントンにはずっと関わっていかれるんでしょうね。
お疲れ様でした。


そして、重大発表もあった。
なんと、ロンドン五輪で女子ダブルス銀メダルを獲得した、
フジカキこと藤井/垣岩ペアが復活
藤井選手は海外リーグに所属してたんだけど、
辞めようと考えていた頃に熊本の震災があり、
日本でプレーして熊本に元気を!
との意向で復帰を決めたらしい。
相方の垣岩選手は引退した前田選手とダブルスを組んでいたんだけど、
ケガによる休養もあった。
フジカキで東京五輪を目指すという目標をたててるそうなので、
ぜひとも実現できるように頑張ってほしい。

女子ダブルスはタカマツをはじめ多くのライバルがいるのでいばらの道だとは思うけど、
長年のペアだから阿吽の呼吸ですぐ感覚は戻ってくるんだろうな。
あとはやっぱり年齢が上がってるからフィジカル面が勝負
早く試合してる姿が観たい



桃田選手も早ければ5月頃復帰できるか?という話題もあるし、
これからもバド界から目が離せないぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
produced by 頑張らないバドミントン研究会
S/Jリーグ終了 いとしのレン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる